寄付を募集しています

国内でもめずらしい水車製材所の建築をぜひ応援してください!

寄付金A:一口 5,000円

  1. 経過報告のお便りをお送りします。

寄付金B:一口 30,000円

  1. 経過報告のお便りをお送りします。
  2. 真木共働学舎に1泊ご招待をします。
  • ご本人を含む2名様まで 。食事はメンバーと一緒にとっていただきます。
  • 現地までの旅費は各自ご負担ください。
  • 来客が重なる場合は日程を調整させていただきます。
  • 詳しくは真木共働学舎までお問い合わせください。

振込先

口座名義 特定非営利活動法人 共働学舎
郵便振替口座 00110-1-779127
ゆうちょ銀行口座 〇〇八(ゼロゼロハチ)店
当座預金口座 9618480

寄付の使い道

水車小屋建築費 260万円
製材機設置建築費 200万円
技術者派遣費 100万円
合計 560万円

プロジェクトの目的

2015年1月、震度6弱の地震と大雪が重なり、真木集落の民家のひとつ、「小和出」が倒壊しました。それをきっかけに、古い民家の集落が暮らしごと残っている貴重さを再認識し、現存する民家の補修をしながら住み続けるという、真木の将来像を持つようになりました。

民家の修復には当然のことながら木材が必要です。真木に至る山道を木材を運んでくるのはとても大変なことです。でも、集落を取り囲む山林には木がたくさん…。ノルウェーで1950年代に撮影されたフィルム[※]には、山で切りだしてきた木を水車の動力で製材した記録があります。真木集落にもかつてはいくつもの水車があったといいます。そこで、先人たちの技術に学びながら水車製材所をつくることを、真木のこれからの第一歩に掲げました。

[※]エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ 「水車鋸での板づくり」東ノルウェー 1953年撮影 (c)公財)下中記念財団

伝統木構造の会、新月の木国際協会のサポートのもと、水車で製材した木材で民家の修復を進めます。伝統木構造による建築技術。共働学舎の目指してきた「手作りの生活」、そして「競争社会ではなく協力社会を」という理念。それらを体験できる場として修復後の民家を宿泊施設とし、たくさんの人の集う場をつくります。



予定工程

2017年 水車小屋建築、民家「大和出」修復基本設計
2018年 水車小屋製材機設置
2019年 民家「大和出」解体・軸組調整、民家「大和出」改修、屋根工事
2020年 民家「大和出」内装・外装工事
2021年秋 民家「大和出」完成

問い合わせ先

共働学舎事務所

[電話] 042-410-2011
[Email] kdg.tyo@jcom.home.ne.jp

真木共働学舎

[住所] 〒399-9422長野県北安曇郡小谷村千国乙真木
[電話] 0261-82-3021

トップページ